2/6 出雲~奥の宮から帰路に

今回の旅で

何回も
「あたし・・・何やってんだろ?」って思いました

( ̄▽ ̄;)

「ただの旅だよな~?・・・」

それにしちゃあ『ここまでやるか?』の奮闘ぶり
(^o^;)

でもよい思い出です

すんなり行けたら案外面白くなかったかも?
過酷すぎて忘れられません!

ここ、道っぽくないでしょう?
(^_^;)

しかし動物の足跡が続いてるから
歩いたのです

image

おーーう!!!

やっと奥宮の鳥居が!

キターーーーー!!!!

って感じです
この鳥居の左側にも、大きな磐座があります

image

これも、何か感じさせる磐座です

image

ふわーーーー!

感慨無量

しかしここからまた20の歌碑?
(T▽T)

あーそう
ただじゃ辿り着かないのね・・・

もう充分ただじゃないけどね・・・

image

ここからは一本道の階段を昇るだけ
もう磐座が見えています

結構感動してました

image

昇りきっても、更に鳥居のような境界線があります

賽銭箱が磐座のすぐ脇にあるので
そこまでは近付いて良いのでしょう

なんか、すぐ手の届く所にあるので
いいのかな?と思ってしまいますが

地域の住民に密着した神様って感じがしました

image

山の神域では撮影禁止といっている方も
帰ってから知りましたが

この画像は出雲の案内やいろんな方のブログや
ねずみ男のポスターでも見られます

雪をかぶって

『おむすび山 大中小』

の写真は貴重なので
磐座にお断りして、掲載しました

手を合わせたくなります

持ち歩きたいです

 

しばらく
須佐之男命
櫛稲田姫
皇子神の磐座の前でしゃがみこんで、ボーッとしていました

本当は晴れていれば、この場所から
八雲山が見渡せるそうです

座るものもないので足を休める感じでもないし
寒くなってきたので引き返すことにしました

でも、やっぱり目の前に立った時には
「ここだーーーー!!!」
(>〇<)

って 秀樹感激

\(^o^)/

ってより
「もーう!大変だったよーーーー!!!!」
(号泣)

みたいな感じでした

(*^^*)

こんなに大変な思いしたのに、背中を向けてすぐ去らなきゃいけないのが
とても悲しかった

そして、今八甲田山のつもりで昇ってきた雪の階段を
引き返すときは

何だかワケわかんない事を感じながら・・・
口走りながら・・・

これは後程

ふと気付いたのですが

「あれっ? 先導者は?!」

と思ったらありました!

なんとこの一直線の階段の途中で
もうあとは磐座が見えているので向かうだけ・・・・というところまでで

スーっと方向を変えて
左側に逸れていました

私としては
「なんだ、折角なら参拝していけば良かったのに・・・。」

などと思いましたが
ありがたやありがたやです

動物の足跡の方向に向かって
「ありがとう。ありがとう。」
と何度もお礼を言いました

だって、動物が案内してくれてると思ったら
心強かったもん!

思い過ごしだとしたって

嬉しかったし
寂しさが紛れたもん!!

(T-T)

あ~ 楽しかった!

image

こっちの方向に足跡が繋がっていました

さようならー

あ!そうそう
名前は イタチの『イタ公』にしました

橋幸夫さんの
いたこの伊太郎 みたいですね

♪『イタチ~の~ イ~タ公~』♪
(^ °^)~♪
って歌わなきゃ!

って、さっきまでキツネかタヌキか?って言ってたのに
イタチになってます
(^o^;)

イタチという事にしました
イタチじゃなくても『イタ公』です

っていうと
キツネにもタヌキにもイタチにも失礼ですかねー?

というより、もしオコジョだったらどうしよう?!ですね

(-_-;)

それより勝手に名前つけるな!ですね

イタ公ありがとう~~~~!!!!

\(^o^)/

image

帰ってきて、バスの時間まで1時間ありました

そこで、この寒い中で暖をとる場所はないか
社務所のおじさんに聞いてみたら

快く
「どうぞ中に入って良いですよ!」
と、社務所に入れてくれました!

(^o^)

中はコタツがあってあったかです

おじさんに色んな話を聞きました
おじさんは神職ではないそうです

地域の住民が好意で交代で
社務所の番をしているそうです

おじさんの奥さんは、長く須我神社で役員をされていたそうで
神社の古いお話をたくさん知ってらっしゃいました

神紋に興味があったので、その事を聞いてみました

よく、亀甲を使われてますねと言うと
須我神社の神紋は、社務所の壁にありました

亀甲に、八雲の雲を描いているそうなんですが

これが、キュウリの切り口によく似ているので
昔からこの地域の方は

子供でも、何かの神事がある時はキュウリを絶対に食べないそうです

こういう
地域の方との会話から得られる情報が
一番面白いです

ギリギリまで暖まらせてもらい
楽しくおしゃべりして、行き方も教えてもらって

とても気持ちよく空港に向かうことができました

おじさんありがとう
また行きます!

image

image

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中