7/29 御岳山~早朝のお務めと奥の宮への道

朝の宿の周辺

大変清々しい風景でしたので
パチリ

image

小鳥の囀ずりが絶えず聴こえてきます。
歌っているみたいに…。

よい朝だ~。
よい目覚めだ~。

image

image

毎朝、神様のお食事を捧げる儀式を行うのですが

一般の人も500円で神事に参加できます。

朝7時からなので15分前位には着くように出ます。
滝行も一度体験してみたいし、やるなら此処御岳山の綾広の滝がいいな…と思いました。

駒鳥山荘に泊まれば、時期が合えば御主人がやって下さいます。

やるなら8月からはもう秋の風が吹くので
「今頃が一番いい」と言われていました。7月までですね。

でも、滝行を終えた女性が水は冷たかったと仰っていました。
10℃だったとか。冷たい温度だそうです。

確かに来た日は東京はまだ暑かったです。
でも御岳山に着いてからは本当に涼しくて、過ごしやすいちょうどよい気候でした。

御主人は「もう秋の風だよなー。」と例年より早いと仰っていました。

滝行に行っても良かったかもしれないけど、私としては断然!朝の神社のお務め参加をお薦めします!

これは宿の御主人も女将さんも絶対お得!と仰っていました。

「この事をブログで宣伝してもいいですか?」と聞いたら「是非!」と許可も頂いたので宣伝しますが

たった500円で
お祓いをしてもらって、その後普段は入れない神殿の奥の間まで入らせてもらい、神様の御前で参拝させてもらえるのです。

終わった後はスーッキリしてます。

宿に戻って御二人に
「とても気持ちが良かった♪」と報告したら

「あ~、それなら良かった!」ととても喜んで下さいました。

御岳山に一泊するなら、是非次の日の朝には
神社の神事に参加することをお薦めします!

駒鳥山荘もお薦めです。

image

朝日を浴びて美しかったので、よく撮れました。
昨日も通ったんですけど、やはり朝がいい。

さぁ、これから奥の宮まで。

どんな道のりか想像もつきませんでした。

image

天狗の腰掛け杉の横に佇む奥の宮の鳥居です。

朝の神事の後に宿で朝食を取るときに、滝行から戻った御三人が、最後の〆のお祈りをされていました。

宿坊ってこういう所が面白いです。
たまにはホテルよりいいかも。

image

長いこと急な山道を登り、3度ほど
「もうこれで終わりか?」
と期待させられましたが

ここからがサバイバルです!

o(  ̄^ ̄)/

image

こんな崖の上に登るのです。

image

これ、只の崖じゃなくて
奥の宮へのコースです。

image

これも斜めに撮ったんじゃなくて
こういうコースなんです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中